学校でのPTAの意義

PTAが学校で行う仕事

学校のPTAに任される仕事内容

どの学校にも、PTAに加入する制度がありますが、具体的にどのような仕事をするのでしょうか。共通して言える事は、無償のボランティアであるという事です。例えば、子供達の安全を守る為のパトロール、組織的なものでは、総会や次年度役員選挙、各部門での委員会等があります。運動会やマラソン大会等のお手伝いもPTAの役割です。他に、学校内で行われる独自のものとして、学級や学年の親睦会、講演会や見学会の開催と参加も求められます。郊外でも仕事があり、いじめ防止対策等会議への参加、他校の卒業式や入学式に参加する事もあります。

PTAはどんなことをするのか

PTAは任意加入の団体であることに間違いはないのですが、PTAの運営費で開催される学校行事や、会費から支出される学校関係費用もたくさんあるので、実質的には加入は必須です。その仕事内容は多岐に渡り、委員に任命された保護者は、その仕事をボランティアでやらなければなりません。身近な仕事は、登下校の見守りや、通学路のパトロールといったことや、広報紙の作成、子ども祭りの開催、行事の運営、地域の町内会との連携など様々です。地域によっては、子供の在学中に一回は委員を引き受けることが義務になっていることもあるので、保護者同士の交流も兼ねて参加してみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP